マイカーローン比較は金利が重要です。一番安い金融機関を探して賢くマイカーローンを組みましょう。

車の所有権が自分になくても売れますか?
所有権がローン会社となっている車でも売れますか?
一般的にはそのままで車を売ることはできません。
所有権が自分になければ自分の車ではないため、勝手に車は売れません。

所有権が自分にない車

ディーラーやローン会社での車のローンを組む場合には、購入をした車の所有権がローン完済まではローン会社などとなっているものです。正式に自分自身の車となるのはローンを返し終えてからとなりますが、その間に何らかの事情によって車を売りたいとなるかもしれません。

ローンの返済期間が残っている状態でも車は売れる?と重複した内容となる部分もありますが、所有権が自分自身にない車を売却するとなるとまずは所有権を移さなければなりません。

自分のものではなくローン会社の車である以上は使用者が契約者本人でも当然ながら勝手に売ることはできないので、所有権が自分にない車を売るのであれば所有権の移動が必要となります。

所有権をどのように移すか

ローン会社となっている車の所有権を移す方法は、単純にローンの完済をするしかありません。ローン契約のための担保のような形で契約中は名義がローン会社のものとなっているので、ローンの契約を終わらせないことには名義の変更ができません。

その時点で残っているローンの支払いを一括で行うなどし、ローンを払い終えてから名義の変更をしてもらい、自分自身のものとなった車を売却するため、所有権が自分にはない車をそのまま売ることはできないのです。

ただ、一部でローンの支払いが終わっている、契約自体がないといった車でも所有権がディーラーとなっている場合もあります。これはディーラーでの販売時の手続きによるものである場合があるため、連絡をすればすぐに所有権の変更をしてもらえます。

所有権がローン会社となっている理由

契約中、返済中は所有権がローン会社となっている理由は、返済に関するトラブルがあった際にその車を引き上げるためです。ローン会社で組むマイカーローンやオートローンは審査基準が銀行ほどではないため、多くの方が利用をしやすくなっています。

その分だけ返済に関するリスクが付きまとい、どうしても返済がされないといったケースも出てきてしまいます。返済がされないとローン会社側の損害となってしまいますが、もし返済が滞ったとなれば購入をした車でローンの残額に充てるといった契約になっているのです。

ローン会社側としては車を担保にしてリスクを抑えながらも多くの方に融資が実行でき、より多くの収益があげられます。利用者側としては低金利となる銀行マイカーローンの利用ができなくても、ディーラーなどを介してのローン会社での借り入れで、高い車もローンで購入ができるようになる両者にとってメリットのある内容となっています。

低金利のマイカーローンで借りるなら

利用先 金利 借入金額 借入期間
三菱UFJ銀行
ネットDEマイカーローン
年1.72%~
年2.975%
最大1,000万円 最長10年
車を買い換える予定の方は
第1位

車査定比較.com

最も高い査定額の買取店を簡単に見付けられる、無料で利用ができる一括査定サービスです。

見積もり数利用地域利用料金キャンセル
最大10社日本全国無料無料
車の買い換えを行うのであれば、しっかりと査定額の比較をして無駄なく損なく車を売るようにしましょう。ディーラーの下取りはそこまで高い金額は付かない傾向にあり、最も高い査定額を提示する買取店と比べると数十万円も差額が生じる場合があります。数十万円の差となるとマイカーローンの利用金額や返済期間によっては数%の金利分の差となるため、査定額の比較はしっかりと行っておくべきなのです。
車査定比較.com
公式サイトで詳細を見る

査定=車の売却ではないので、査定後であってもディーラーに下取りに出すなどをしても構いません。下取り価格の交渉に一括査定で査定額の相場を確かめるのも有効となるため、無料サービスの一括査定を有効に活用しましょう。
一括査定は無料で利用できる楽天オート

トップへ戻る