マイカーローン比較は金利が重要です。一番安い金融機関を探して賢くマイカーローンを組みましょう。

マイカーローンの基本

マイカーローンを組む際に知っておきたい基本的な情報や、知っておくと便利な知識についてそれぞれ書いています。初めてのマイカーローンで分からないことが多い方も、気になる情報があれば見てみると良いでしょう。

中古車と言っても車種や年式、状態によっては数百万円の買い物となります。それだけの金額の買い物を高い金利でローンを組んでしまっては、返済の負担で後々に自身が苦しむ可能性があります。

車を買いたい、車庫の新築や改築をしたいなどのときに頼れるJAのマイカーローンは、地域によってはTVCMも見かけるために身近に感じられるものです。

マイカーローンをご存知ですか?新車を購入した経験がある人はよくご存知なはずです。住宅ローンや教育ローンがあるように、車を購入する際のローンにもマイカーローンがあります。

ローンは誰でも組めるものではなく、各ローンで条件があります。条件を満たしていればマイカーローンも組めますが、残念ながら条件が満たせてなければ利用ができません。

マイカーローンを組む際に頭金が必要なのでは?と考える人が多いです。住宅ローンでも頭金をいくらか支払う人がいますね。

マイカーローンに申し込むと、保証人を立てるように言われるケースがあります。考えてみれば、住宅ローンも保証人が必要な場合が多いですよね。

マイカーローンは自動車ローン、オートローンと呼ばれることもあります。そのせいなのか、自動車ローンと言われる場合には特に、車購入目的だけにしか使えないローンだと思われている場合が多いです。

マイカーローンでは金利の高低に注目しがちですが、金利の種類にも注目すべきです。マイカーローンの金利には変動金利と固定金利の2つがあります。

マイカーローンの審査の中に、職業や勤続年数の調査があります。勤続年数は長い方が好ましく、3年以上ですとかなり有利です。

マイカーローンに限らず、ローンの審査の中で職業を調べるとき、派遣社員は未だに不利に扱われます。それは、派遣社員は収入が安定してなさそうに思えるからだけでしょうか?

ひと昔前のマイカーローンは、ディーラーが提携しているローン会社のものしかなかったので、金利やプランにあまり種類はありませんでした。

新車ならまだ故障する率も低いのですが、中古車は故障する率が高いですね。中古車をマイカーローンで購入して、急に故障してしまったら修理費が必要になります。

マイカーローンに契約する際にいくつか必要な書類があります。すぐに車を購入したいと思われているならば、必要書類は先に用意しておくと便利です。

新しい車に乗り換えようとして、マイカーローンを増額したり、新たに契約しようとして断られたら、頭金を用意するか、現在の車を下取りに出して、売却金を頭金代わりにすることもできます。

車の免許は18歳から取得できるので、車を購入する未成年や学生も多いです。その際にマイカーローンの利用を検討しますが、未成年や学生がマイカーローンを組める確率は低いです。

身内や親戚、友人、知人などに保証人のお願いをしても断られてしまったら、マイカーローン会社と提携している保証会社で保証をつけられます。

各ページで紹介している情報については、金融機関によって異なる部分もあります。利用前には各金融機関のホームページ上で確認をし、申し込みをするようにして下さい。

トップへ戻る