マイカーローン比較は金利が重要です。一番安い金融機関を探して賢くマイカーローンを組みましょう。

マイカーローンの返済シミュレーション

ローン金額万円
返済期間ヶ月
契約金利%
返済方法

状況によっては負担が大きくなる可能性があるボーナス払いを考えない、毎月に安定した返済を進める場合のマイカーローンの返済シミュレーションです。マイカーローンで借りる予定の金額と返済期間、金利を入力し、返済方法は元利均等返済のままで掲載をすれば一般的な金融機関で借りるマイカーローンの返済シミュレーションが行えます。

ボーナス払いを併用する場合には当然ながら支払い総額は変わりますが、ボーナス払いを併用しなくとも金融機関のマイカーローンでは繰上げ返済が行えるため、何も当初の計画で無理にボーナス払いを組み込む必要はありません。

ボーナスが入ったときだけでなくお金に余裕があるときに多めの返済をするなど、繰上げ返済で積極的な残高の減少が期待できるので、まずは基本となるマイカーローンの返済シミュレーションで支払いの総額を計算しておくと良いでしょう。
繰上げ返済に関してはこちら

マイカーローン計算時の金利

マイカーローンの計算をするにあたっては適用金利が分からないことにはスムーズに行えないため、以下の金融機関で借りる際の金利を参考にしてみると良いです。何れの金融機関も繰上げ返済が行えるようになっており、積極的な返済で当初の計算よりも少ない金額でマイカーローンの返済が終えられるようにもなります。

借り入れ先 金利 借入金額 借入期間
三菱UFJ銀行
ネットDEマイカーローン
年1.85%~
2.5%
最大
1,000万円
最長10年
静岡銀行
マイカーローン
年2.4%~
3.4%
100万円~
1,000万円
最長10年
筑波銀行
マイカーローン
年2.5%~3.5% 10万円~
1,000万円
最長10年

繰上げ返済を考える場合には

マイカーローンの返済をよりスムーズに進めたいのであれば繰上げ返済は欠かせませんが、気をつけておきたいのは繰上げ返済時の手数料負担です。繰上げ返済を行うにあたって手数料が必要となってしまうと支払う金額によっては、手数料負担でかえって支払額が増えてしまう計算となる場合があります。

頻繁に繰上げ返済を行う予定、少しでもお金に余裕があるならどんどんとマイカーローンの返済に回したいと考えるなら、繰上げ返済が手数料無料で行える金融機関から借りるべきです。手数料がかからない金融機関のマイカーローンなら、積極的な繰上げ返済も行いやすくなります。

マイカーローン利用時には返済のシミュレーションから、どうしても金利ばかりに注目をしてしまうものです。しかし、支払いの負担を計算するにあたっては手数料の面も欠かせないため、マイカーローンを選ぶにあたっては繰上げ返済手数料の有無もしっかりと確認をしておきましょう。

-->
ディーラーローンと比べる

ディーラーで借りるローンは信販会社などのローンであるため、どうしても金利が高くなります。新車購入においても金額や車種によっては年7.0%程度の金利が取られる場合もあり、シミュレーションをしてみると非常に大きな負担となるのが分かります。

例えば300万円を借りるとした場合に、金融機関のマイカーローンで適用がされ得る現実的な年3.0%の金利と、ディーラーローンで考えられる年7.0%の金利で計算をしてみると、以下のように支払い総額が変わります。借りる金額や実際に適用がされる金利によっても変わりますが、しっかりとシミュレーションをして計算をしないと、利息負担で損をしてしまう可能性があるのです。

  • 年3.0%で10年の返済期間とした場合

【毎月の返済金額目安】28,968円
【繰上げなし利息目安】476,188円
【支払い総額目安】3,476,188円

  • 年7.0%で10年の返済期間とした場合

【毎月の返済金額目安】34,833円
【繰上げなし利息目安】1,179,887円
【支払い総額目安】4,179,887円

シミュレーション上での計算で繰上げ返済なども含めない場合であるために目安ではありますが、金利が数%も変わると支払いの総額で何十万円もの差が生じます。仮に金利が3%と4%の違いでも上記と同じ条件で計算をしてみると支払い総額は金利3%で3,476,188円になるのに対し、金利4%では3,644,813円となります。

ボーナス払いや繰上げ返済を考えないといった条件ではありますが、300万円のマイカーローンを10年の返済期間で利用をした場合、金利が1%違うだけで支払いの総額は16万円以上も変わってきます。1%の金利となると軽視をしてしまいがちですが、しっかりと計算をして選ばなければならない数字と言えます。

ディーラーで借りるローンには残価設定型となるものもあります。残価設定型であれば低金利で利用ができますが、通常のマイカーローンとは異なる契約となるために注意が必要です。

手軽さに優れるディーラーローン

ディーラーで借りるローンはシミュレーションをして計算をすれば、負担が大きくなりがちなために選択肢からは外れがちです。たしかに金利を含めた支払いの計算をした上でのマイカーローン選びであれば、金利負担が大きくなるディーラーローンは良い選択とは言えません。

しかし、ディーラーローンにも良さはあります。申し込みから契約までの手軽さは金融機関で借りるマイカーローンよりも優れているため、例えば低金利となる銀行のマイカーローン審査に通らなかった場合に、ディーラーローンで借りるといった使い方は悪くはありません。

まずは金利負担が軽く支払い総額が抑えられる傾向にある金融機関の低金利のマイカーローンを検討し、審査基準をクリアできないなどで借りられない場合には、車を購入するディーラーでのローンに申し込みを行うと良いでしょう。

マイカーローンはしっかりと計算をして利用をすれば、返済の負担は大幅に減らせるようにもなります。借りる金額と金利、期間で簡単なシミュレーションを行うだけでも良いので、まずは支払う総額の計算を行ってください。

他の人気マイカーローンを確認

第0位

ネットDEマイカーローン

今なら低金利!年1.50%~2.45%で借りられる金利引き下げキャンペーン実施中!

変動金利借入金額借入期間担保・保証人
年1.50%~年2.45%最高1,000万円最長10年不要
多くの地方銀行のマイカーローンとは異なり、対象となる地域が限定されない日本全国で頼れるメガバンクのマイカーローンです。三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込みが可能で、近くに店舗が無くても問題ありません。車の購入時の新規の利用だけでなく、借り換えとしてもネットDEマイカーローンは利用ができるため、高い金利でローンを組んでしまって返済が大きな負担となっている方も注目です。
ネットDEマイカーローン
公式サイトで詳細を見る

車の買い換えの方は

第0位

DMM AUTO

写真を撮って簡単な質問に答えるだけで、すぐに買取査定が行える人気のサービスです。

利用地域利用料金キャンセル故障車
日本全国無料無料対応
AIによって査定額を素早く出してくれる今話題のサービスで、車体とメーター、車検証をスマホで撮影し、簡単な質問に答えるだけで査定額が分かります。故障車の査定にも対応をしており、他社では断られる動かなくなった車でも査定をしてくれます。買取査定サービスにありがちなしつこい電話営業もないとされているため、スマホで気軽に査定を行いたい方にもおすすめです。
DMM AUTO
公式サイトで詳細を見る

査定額後に売るかどうかは利用者側が自由に決められます。査定だけをして売らないとしても費用がかかることはないので、今現在の車の相場を知りたい、下取り交渉のために価格が適正かを知りたいといった方でも、一括査定サービスは役立ちます。

トップへ戻る