マイカーローン比較は金利が重要です。一番安い金融機関を探して賢くマイカーローンを組みましょう。

マイカーローン審査の基本

マイカーローンは審査に通らないことには利用ができず、申し込みを行ったからといって必ずローンの利用ができるわけではありません。最近ではネットで手軽に気軽にパソコンやスマートフォンでマイカーローンの申し込みと審査が進められるようになっていますが、それでも銀行などの各金融とも、しっかりとした審査を行っています。

申し込み手続き自体に手間がかからないとは言え、マイカーローンの利用が簡単になっているわけではありません。ディーラーローンと比べて金利が低い分だけ審査の基準やハードルも比較的高くなる傾向にあるため、しっかりとした安定した収入を得ていないことにはまず審査通過はできないと言えます。

マイカーローンに限らず住宅ローンでも教育ローンでも、または小口の貸付となるキャッシングローンにおいても、借りた後の返済は必ず行わなければなりません。返済が継続して行えるだけの収入を得ていないことには、ローンの利用が不可となるのも当然です。

審査を受ける際の注意点

銀行で借りるマイカーローンの申し込みは、ネットでWeb上で行うのが主流となっています。店頭窓口でも手続きができる銀行も多いですが、中には静岡銀行のネット支店専用マイカーローンのように、Web上での取り扱いに限定をしている商品もあります。

Web上での申し込みとなると注意をしておきたいのは、入力内容のミスです。些細なミスでも何か間違っている部分があれば確認のための電話連絡が入る場合や、内容次第ではマイカーローン審査の結果にも何らかの悪影響を与えてしまう場合があります。

また、入力内容の間違いが多すぎる場合、連絡先の電話番号等が間違っている場合には連絡自体が取れないため、悪戯と扱われて申し込みが取り下げられてしまう可能性もあります。取り下げられたとしても連絡はされない場合がほとんどであるため、いつまで待っても審査の結果は届きません。

  • 申し込みはよく確認して慎重に

スマホなどでの小さい画面での申し込み時には、特にミスがないように注意をしながら各項目の入力を進めるようにしてください。焦ってマイカーローンの申し込みを進めると不備やミスが起きやすいので、しっかりと確認をしながら正しい内容で審査が受けられるようにしましょう。

マイカーローンの審査にかかる時間

マイカーローンの審査にかかる時間は、借り入れる金融機関によっても異なりますが早いところで最短即日、多くのところでは3営業日から5営業日ほどとなります。審査結果の連絡はWeb申し込みであればメールや電話、またはハガキで通知がされ、通過ができた場合には正式な申し込み手続きへと入ります。

一部の銀行では購入する車が決まる前でも、借りる金額が固まる前でもネットでの仮審査が受けられるようになっているので、マイカーローンの審査にかかる時間が気になるといった方は、事前に仮審査だけでも受けておくと良いです。仮審査結果は一定期間は有効となるので、その間に正式な申し込み手続きを済ませれば必要なときに素早く利用ができるようになります。

例えば静岡銀行のマイカーローンは、仮審査の結果が1年間有効となります。前もって仮審査の申し込みを済ませて仮審査の結果を受け取っておけば、その範囲内での車の購入、ローンの組み立てが可能となるために大変便利です。

第00位

静岡銀行マイカーローン

[期間限定]PHV・EV等の電気自動車購入時なら、年1.9%か年2.9%で利用できるキャンペーン実施中!

変動金利借入金額借入期間担保・保証人
年1.9%~3.4%100~1,000万円最長10年不要
自動車を購入する費用としてだけでなく、バイクの購入にも免許の取得費用にも、または他の金融機関で借りているマイカーローンの借り換えにも使えるようになっています。静岡県を中心としている地方銀行ですが、マイカーローンの利用は対象地域や静岡銀行との取引は問われず、日本全国どこからでもネットでの申し込みと来店不要の契約が可能となっています。
静岡銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る

マイカーローン審査の基準

マイカーローンの審査通過基準に関しては、どの金融機関に関しても細かな内容の公表をしているわけではないために分かりません。継続する安定した収入を得ていること、返済ができるだけの状況にあることがマイカーローン審査に通過をするための必要条件とはなりますが、どの程度の内容が求められるかに関しては明かされていません。

年収がいくら以上必要と利用条件に記載がされている銀行に関しては、その収入を最低限のラインとして、あとは他社ローンの利用状況などによってマイカーローンの融資後の返済が可能かの判断が下されます。

マイカーローンの利用ができるか、審査に通過ができるかは返済ができるかどうかにかかっているため、収入状況が不安定であったりキャッシングローンなどの他社でのローン利用が多い場合には、マイカーローンの審査基準が満たせない可能性が高くなります。

  • 銀行と保証会社によって審査が行われる

銀行のマイカーローンのほとんどは、借りる銀行と別に定める保証会社での審査を受けることとなります。両方の審査に通過ができないと利用ができないために審査の基準、ハードルもディーラーローンと比べると高くはなりますが、その分だけ金利面や利用内容で大きく優れます。

銀行と保証会社の両社での審査となるとは言え、申し込みに関しては別々に行う必要はなく、一度の申し込みで両社による確認、審査が行われるために手間はかかりません。

収入と審査の関係

マイカーローンの審査は収入の大小よりも、返済ができるかがポイントとなります。年収が少ないとしても返済ができる範囲の金額なら審査に通る可能性があり、その結果として希望額に満たないといった可能性はありますが、収入が多くない方でもある程度の金額までなら借りられる審査結果となる場合があります。

例えば年収が500万円の方が1,000万円を借りるとなると難しいですが、年収が300万円の方が50万円や100万円を借りるのであれば審査通過の見込みもあります。中古車を購入したい場合にも銀行のマイカーローンは適しており、そこまで大きな金額とはならない中古車の購入においても、銀行のマイカーローンは頼れます。

購入する金額や車種が決まる前でも仮審査が受けられるマイカーローンなら、借りられる金額を知った上で車が選べるので、中古車購入の際のローンとしてもさらに便利です。販売店でのローンのように中古車だからといって金利が高くなることもないので、中古車をローンで購入したいと考える場合も、銀行のマイカーローン審査を受ける価値があります。

中古車だからといって金利では不利にならず、新車でもその他の車に関連する費用としても、銀行のマイカーローンは利用ができます。保証会社の審査も中古車だからといって手続き内容が変わるわけではないので、新車も中古車も銀行マイカーローンは優れます。

保証会社の審査を受ける意味

ディーラーローンの多くは実際に貸付を行う信販系などのローン会社が審査を行い、ディーラーは借り手側と貸し手側の間に入っているに過ぎません。ローン会社が保証会社となっているわけでない場合が多いため、借り手側はローンの利用にあたって保証人を用意しなければならないケースも少なくありません。

しかし、銀行で借りるマイカーローンの場合には、保証会社の保証を受ける契約となるために保証人は原則として不要とするところが多いです。審査の結果で保証会社が必要と認めた場合には保証人を用意しなければなりませんが、原則としては不要となるために審査結果がよほど悪くない限りは保証会社の保証でマイカーローンの利用が行えます。

保証会社を利用するとなると別途、保証料が必要となる場合もありますが、上でも触れている静岡銀行や、その他にも住信SBIネット銀行のマイカーローンでも保証料は不要、金利に含まれているなど、別の負担とはならないところもあります。

保証料が別にかかるとなると、表示上の金利が低いとしても保証料を含めた年率で考えると高くなる、負担が大きくなる場合もあります。返済のプランを建てる際にもややこしくなるので、利用をするなら保証料込みのマイカーローンが良いでしょう。

保証会社の大きな役割

保証会社は利用者側での保証人の用意を原則不要とするメリットだけでなく、マイカーローンの融資を行う銀行にもメリットがあります。銀行のマイカーローンは車を担保には取らない、購入した車の所有権はローンの契約中でも購入者本人のものとしているため、返済に何らかのトラブルがあると損害が出てしまう可能性があります。

マイカーローン利用者が何らかの事情によって返済ができなくなる、返済不能となるなどの状況に陥ってしまった場合には、保証会社が銀行へ利用者に代わって弁済をします。銀行としては貸し付けたお金が返ってくるのでリスクを抑えられ、保証会社としては万が一に備えて銀行から保証料が得られるために儲けとなります。

どちらにもメリットがある仕組みとして、マイカーローンに限らず銀行のほぼ全てのローンでは外部の保証会社を利用する契約が一般的となっています。銀行は個人向け融資のノウハウに乏しいとされているため、貸し付ける金額を決める審査や返済が滞った際の催促の部分を任せられる保証会社は、銀行にとっても重要な大きな役割を持っているのです。

  • 保証会社が重視する信用情報

マイカーローンでは信販系の業者が保証会社となる場合が多く、ジャックスやオリコといった有名なカード会社、信販系業者が保証会社として名を連ねています。これら信販系をはじめとする保証会社はCIC、JICC、全銀協の3社からなる信用情報機関に記録されている情報を審査で重視しているので、信用情報に何らかの問題があるとマイカーローン審査でも不利になる傾向にあります。

保証会社の弁済は信用情報に傷が付く

マイカーローンの返済ができなくなれば保証会社が銀行に代わりに支払うなら、別に無理に返済をしなくても良いと考える方もいるかもしれません。もちろんそのようなことはなく、保証会社が代わりに支払った後で返済がされないようであれば、保証会社と直接のやり取りとなります。

長期に渡って返済がされなければ信用情報に事故情報の記録がされるために傷が付き、さらに返済がされないような状況が続くと督促状や訴状が届くといった事態も招きかねません。

期日通りに正しく返済を進めていればまず起こり得ないことですが、保証会社が代わりに支払うならそれでローンの返済も終わりとなるわけではない、ということはしっかりと頭に入れておく必要があります。

  • 返済を第一に考えて利用する

審査に通過ができないことにはマイカーローンの利用はできませんが、利用を検討する段階で返済が問題なく進められるか、支払い終える完済までのプランはしっかりとしているかを確認するようにしてください。返済を第一に考えてマイカーローンの利用をしないと、車を購入した後の返済が大きな負担となってしまう可能性があります。

せっかくマイカーを購入したのに、返済で生活にゆとりがなくなってしまっては意味がありません。余裕のある返済で快適なカーライフを送るためにも、返済は第一に考えておかなければならないのです。

低金利のマイカーローンで借りるなら

第0位

住信SBIネット銀行マイカーローン

低い金利でありながらも、来店不要で契約の手続きが行える人気のマイカーローンです。

変動金利借入金額借入期間融資までの目安
年1.775%~3.975%10~1,000万円1~10年2週間ほど
新車でも中古車でも車の購入に使えるのはもちろん、その他の車に関連する費用であれば幅広い用途で使える頼れるマイカーローンです。ネット銀行のために対象の地域も限定されず、日本全国どこからでもネットでの申し込みと来店不要での契約が可能となっています。高い金利で借りているディーラーからのローンや、他金融機関のマイカーローンからの借り換えにも使えます。
住信SBIネット銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る
利用先 金利 借入金額 借入期間
三菱東京UFJ銀行
ネットDEマイカーローン
年1.85%/年2.5% 最大1,000万円 最長10年
筑波銀行
マイカーローン
年2.5%~
3.5%
10万円~
1,000万円
最長10年

【三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローン】マイカーローン金利が利用金額500万円以下の場合には年2.5%、500万円超の場合には年1.85%に引き下げられるキャンペーンを実施しています。
【筑波銀行マイカーローン】筑波銀行の営業区域内にお住まい、お勤めの方が利用大勝となります。地域外の方では利用ができないため、申し込みの際には対象地域をご確認ください。

車を買い換える予定の方は
第1位

車査定比較.com

最も高い査定額の買取店を簡単に見付けられる、無料で利用ができる一括査定サービスです。

見積もり数利用地域利用料金キャンセル
最大10社日本全国無料無料
車の買い換えを行うのであれば、しっかりと査定額の比較をして無駄なく損なく車を売るようにしましょう。ディーラーの下取りはそこまで高い金額は付かない傾向にあり、最も高い査定額を提示する買取店と比べると数十万円も差額が生じる場合があります。数十万円の差となるとマイカーローンの利用金額や返済期間によっては数%の金利分の差となるため、査定額の比較はしっかりと行っておくべきなのです。
車査定比較.com
公式サイトで詳細を見る

査定=車の売却ではないので、査定後であってもディーラーに下取りに出すなどをしても構いません。下取り価格の交渉に一括査定で査定額の相場を確かめるのも有効となるため、無料サービスの一括査定を有効に活用しましょう。
一括査定は無料で利用できる楽天オート

トップへ戻る