マイカーローン比較は金利が重要です。一番安い金融機関を探して賢くマイカーローンを組みましょう。

マイカーローンで借りている金額が年収の3分の1を超えていると他ローンは借りられませんか?
返済ができる範囲であれば、マイカーローンの借り入れで年収の3分の1を超えているとしても他のローンは利用が可能です。

年収の3分の1までの規制

現在の貸金業法には年収の3分の1までの借り入れに制限をする総量規制があり、収入に対して過剰な借り入れができないようになっています。

ただ、制限となる対象の借り入れは貸金業法が定める部分、つまり貸金業者である消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングなど、無担保で借りるローンに限られています。

マイカーローンで借りられる金額は年収の3分の1まで?にもまとめていますが、マイカーローンの借り入れは年収の3分の1までの制限は受けないこととなっています。

返済ができる範囲なら可能

マイカーローンは年収の3分の1を超えても返済ができる範囲で借りられ、既に年収の3分の1を超えたマイカーローン利用をしているとしても、審査に通過ができればカードローンやクレジットカードによる借り入れの利用も行えます。

マイカーローンを含めて年収の3分の1までとなってしまうと借りられる金額があまりにも少なくなってしまうため、総量規制ではそのあたりの部分はしっかりと考えられています。

だからといって借りられるだけ借りてしまうのはマイカーローンの返済も、その後に借りる他ローンの返済も大きな負担となってしまうので、よく考えた計画的な利用を心がけるようにしてください。

マイカーローンの重複利用

他ローンの利用ができるとは言っても、マイカーローンを利用しながら別のマイカーローンやオートローンを利用するのは難しいと考えておくべきです。

車をもう一台買う場合などにマイカーローンを重ねて利用をしたい場合もあるかもしれませんが、大きな金額の借り入れとなるマイカーローンをいくつも利用をするのは難しいです。

もちろん返済ができるだけの安定した収入があり、借りる金融機関での実績やクリーンな信用情報があれば利用も可能とはなりますが、いくつもマイカーローンを利用するとなると返済も苦しくなるので注意が必要です。

借りるとしても少額に留めたい

マイカーローンで大きな金額を借りているのであれば、他ローンを利用するとしても少額で返済がしやすい金額に留めるようにしておきたいものです。

カードローンやクレジットカードのキャッシングを枠一杯まで借りてしまうと金利負担が大きいため、返済負担が重くなりがちです。マイカーローンの返済に加えて他ローンの返済となると毎月の支出に大きく響くので、なるべくなら少額ですぐに返せる金額を借りるようにしてください。

低金利のマイカーローンで借りるなら

第0位

住信SBIネット銀行マイカーローン

[金利引き下げ]3月20日までの申し込みとキャンペーンコードの入力で、基準金利から0.25%引き下げ!

変動金利借入金額借入期間融資までの目安
年1.525%~3.725%10~1,000万円1~10年2週間ほど
新車でも中古車でも車の購入に使えるのはもちろん、その他の車に関連する費用であれば幅広い用途で使える頼れるマイカーローンです。ネット銀行のために対象の地域も限定されず、日本全国どこからでもネットでの申し込みと来店不要での契約が可能となっています。高い金利で借りているディーラーからのローンや、他金融機関のマイカーローンからの借り換えにも使えます。
住信SBIネット銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る
利用先 金利 借入金額 借入期間
三菱東京UFJ銀行
ネットDEマイカーローン
年1.85%/年2.5% 最大1,000万円 最長10年
筑波銀行
マイカーローン
年2.5%~
3.5%
10万円~
1,000万円
最長10年

【三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローン】マイカーローン金利が利用金額500万円以下の場合には年2.5%、500万円超の場合には年1.85%に引き下げられるキャンペーンを実施しています。
【筑波銀行マイカーローン】筑波銀行の営業区域内にお住まい、お勤めの方が利用大勝となります。地域外の方では利用ができないため、申し込みの際には対象地域をご確認ください。

車を買い換える予定の方は
第1位

車査定比較.com

最も高い査定額の買取店を簡単に見付けられる、無料で利用ができる一括査定サービスです。

見積もり数利用地域利用料金キャンセル
最大10社日本全国無料無料
車の買い換えを行うのであれば、しっかりと査定額の比較をして無駄なく損なく車を売るようにしましょう。ディーラーの下取りはそこまで高い金額は付かない傾向にあり、最も高い査定額を提示する買取店と比べると数十万円も差額が生じる場合があります。数十万円の差となるとマイカーローンの利用金額や返済期間によっては数%の金利分の差となるため、査定額の比較はしっかりと行っておくべきなのです。
車査定比較.com
公式サイトで詳細を見る

査定=車の売却ではないので、査定後であってもディーラーに下取りに出すなどをしても構いません。下取り価格の交渉に一括査定で査定額の相場を確かめるのも有効となるため、無料サービスの一括査定を有効に活用しましょう。
一括査定は無料で利用できる楽天オート

トップへ戻る