マイカーローン比較は金利が重要です。一番安い金融機関を探して賢くマイカーローンを組みましょう。

借金は年収の3分の1までというのはマイカーローンも同じですか?
年収の3分の1を超えてのマイカーローン利用はできないのですか?
マイカーローンに関しては年収の3分の1を超える金額でも、審査にさえ通過をすれば利用が可能です。
いくらまで借りられるかは各銀行や保証会社、ローン会社の審査によって決まります。

マイカーローンは影響を受けない

2010年に施行がされた改正貸金業法には、キャッシングやカードローンによる貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までに制限をする総量規制が盛り込まれています。総量規制が施行された際には大きく世間を騒がせたため、借り入れの多くが年収の3分の1までと考えてしまっている方も少なくありません。

しかし、総量規制による年収の3分の1までの制限は、あくまで貸金業者からのキャッシング等による借り入れのみに限られます。貸金業者に対して向けられているのが貸金業法であるため、貸金業ではなく銀行となる金融機関においては貸金業法の影響は受けません。

マイカーローンに関しては銀行で借りるのであれば年収の3分の1までの制限は受けず、年収の3分の1を超える金額であっても審査に通過ができれば借り入れが可能です。

ローン会社で借りる場合には

貸金業者ではない銀行で借りるマイカーローンは年収の3分の1を超えても借りられますが、貸金業者となるローン会社で借りるマイカーローンの場合にはどうなるのでしょうか。

例えばオートローンを広く扱うオリエントコーポレーション(オリコ)では貸金業法の下での貸し付けとなるため、オリコで借りるキャッシングローンでは年収の3分の1までとなります。

しかし、オートローンなどの車を購入する際の貸し付けに関しては、総量規制から除外がされています。貸金業法の除外の項目の中には「自動車購入時の自動車担保貸付け」とあり、車を担保にする貸し付けであれば貸金業者からでも年収の3分の1を超えた借り入れが可能となっています。

他社で借り入れがあっても同じ

マイカーローンに関しては基本的に年収の3分の1までに制限がされる総量規制の例外となりますが、これは他社での借り入れがあるとしても同様です。

例えば年収600万円の方がカードローンやクレジットカードの利用で100万円の借り入れがあるとしても、マイカーローンの利用においては年収に対する制限はかけられません。

ただ、他社での借り入れ金額が増えれば返済比率がきつくなってしまうことにより、マイカーローンで借りられる金額にも影響が出てしまいます。他社で借りているからといってマイカーローンで借りられる金額が一定の水準で制限はされないものの、収入に対する返済の比率といった面で見るとどうしても影響は出てしまいます。
返済比率については年収に対していくらまでならマイカーローンで借りられる?で触れています。

フリーローンなどの場合には

車を購入するためのマイカーローンやオートローンの利用ではなく、フリーローンを利用しての車の購入の際には総量規制の影響を受ける場合があります。銀行などの金融機関ではなく貸金業者からのフリーローンで車を買うとなると、どうしても総量規制の範囲内での利用となってしまいます。

ただ、車を買うために貸金業者のフリーローンを利用する方はそこまで多くはないため、あまり気にすることもありません。貸金業者でのフリーローンは借りられる金額が総量規制の影響もあり数十万円程度となり、金利は年18.0%程度まで取られる場合も多いので、車の購入には向かないためです。

融資までの早さの面では非常に優れている特徴があり、すぐにでも数十万円の中古車でも欲しいといった場合は別ですが、基本的には銀行やローン会社のマイカーローン、オートローンを使うために年収の3分の1までとなる制限は気にするまでもないでしょう。

制限がないからといってどこまでも借りられるわけではありません。返済ができる範囲での借り入れとなります。

低金利のマイカーローンで借りるなら

利用先 金利 借入金額 借入期間
三菱UFJ銀行
ネットDEマイカーローン
年1.72%~
年2.975%
最大1,000万円 最長10年
車を買い換える予定の方は
第1位

車査定比較.com

最も高い査定額の買取店を簡単に見付けられる、無料で利用ができる一括査定サービスです。

見積もり数利用地域利用料金キャンセル
最大10社日本全国無料無料
車の買い換えを行うのであれば、しっかりと査定額の比較をして無駄なく損なく車を売るようにしましょう。ディーラーの下取りはそこまで高い金額は付かない傾向にあり、最も高い査定額を提示する買取店と比べると数十万円も差額が生じる場合があります。数十万円の差となるとマイカーローンの利用金額や返済期間によっては数%の金利分の差となるため、査定額の比較はしっかりと行っておくべきなのです。
車査定比較.com
公式サイトで詳細を見る

査定=車の売却ではないので、査定後であってもディーラーに下取りに出すなどをしても構いません。下取り価格の交渉に一括査定で査定額の相場を確かめるのも有効となるため、無料サービスの一括査定を有効に活用しましょう。
一括査定は無料で利用できる楽天オート

トップへ戻る