マイカーローン比較は金利が重要です。一番安い金融機関を探して賢くマイカーローンを組みましょう。

人気が高いカーリース

カーリースは新車を自身で購入するよりも月々の支払いが安く車に乗れるため、ここ数年の間で人気が上がってきています。月々1万円で車検代込み、税金込みなどの魅力的な文言が並びますが、カーリースにはいくつものデメリットがあります。

ここではデメリットに関しては触れませんが、カーリースは支払いが安いとは言っても月々にしっかりと支払いを続けなければなりません。支払いができなくなれば大きな問題となってしまうため、どうしてもお金が借りたいときにカードでお金を借りて支払ってしまうこともあります。

月々の支払金額自体は多くないのでカードで借りたお金でもその月程度であれば賄えるものですが、問題となるのは金利です。カードでお金を借りるキャッシングやカードローンはどうしても金利が高いために負担が大きくなりがちで、そこで考えるのがマイカーローンでお金を借りてカーリースの支払いに充てるという方法です。

マイカーローンは使えるのか

カーリースの支払代金としてのマイカーローン利用は、幅広い用途が持たれている銀行であれば使える可能性はあります。銀行のマイカーローンは車の購入だけでなく、他社ローンからの借り換えやそのほかの車関連費用に対して使えるものが多いため、カーリースの支払代金としても借りられる可能性があるのです。

ただ、例えば月々1万円のカーリースの支払いが難しい方にマイカーローンの貸付を行ったとしても、その後の返済がしっかりと行われるとは思えません。どうしても返済能力に疑問符が付いてしまうため、用途としては認められている可能性があるとしても、保証会社の審査に通らずに実際には利用ができない場合が多いとも言えます。

ただ、カーリースの支払いとしてのマイカーローン利用も十分に可能となるケースもあります。カーリースの契約期間が満了し、その車を乗り続けるために残価を支払う際の代金としてなら、銀行のマイカーローンでも利用が可能となるでしょう。

カーリースの契約内容は厄介

カーリースは購入と違って契約期間中は車を借りているだけであるため、契約期間が満了したら車を返すか、そのまま車を乗るなら契約時に差し引いたお金やその他の未払いの代金を支払い、車を買い取る必要があります。

車の買取となれば晴れて車は自分自身の所有物となりますが、未払いの代金といっても数万円や数十万円といった話ではなく、場合によっては数百万円などになることもあります。それだけのお金を一括で支払うのは難しく、そこで活用ができるのが銀行のマイカーローンです。

残価を支払う際にリース会社でもローンは組めるようになっている場合が多いですが、リース会社のローンは金利が高いです。それに比べて銀行のマイカーローンは残価の支払いのために借りるとしても新車購入時と同等の金利で借りられるので、遥かに低金利で低負担で借りられ、それから先の支払いの負担が軽くなります。

支払いにマイカーローンを使うぐらいなら

ただ、カーリースの残価の支払いにマイカーローンを使うぐらいなら、はじめから銀行のマイカーローンを利用して車を購入したほうが良いとも言えます。というのも、カーリースは残価自体にも金利がかかるため、残価の支払いを行う際にはカーリースの契約当初に差し引いた金額よりも多くのお金を支払う必要があります。

その他の車検代、税金、諸経費等にも決して安くはない金利がかかる場合があるので、それであればはじめから低金利で借りられる銀行のマイカーローンを利用し、希望する車を購入したほうが話が早いです。

銀行のマイカーローンでは借りる金額次第ですがカーリースのように月々1万円とはいかず、契約期間中でも時期が来れば車検代や税金の支払いは必要となりますが、それでも金利差を考えるなら銀行のマイカーローンはやはり有利な条件となります。

安易な考えでカーリースは使わない

月々の支払金額が安いから、車検代や税金は契約期間中は不要だからと、デメリットを見ずにカーリースの契約をしてしまうと契約後に後悔をしてしまう可能性があります。カーリースは買い取るまではあくまで借り物の車でしかないため、車の扱いには十分に気を付けなければならず、改造などのカスタマイズも当然ながら不可です。

月々に自分でお金を支払っているのに自分の車ではないといった状態になり、普段から頻繁に車に乗る人であれば走行距離にも気を配らければなりません。カーリース契約の際に走行距離の取り決めもあるため、大幅に超えてしまうと当初の査定額との乖離により、契約期間満了後に車を返却するとしてもお金を支払う必要が出てきます。

カーリースは安く新車に乗れる、維持費もそこまで気にしなくて良いといったメリットばかりが目立つ契約の仕方となりますが、良い部分もあれば悪い点、デメリットも多数存在してしまっているので、カーリース契約を行うのであればしっかりと調べてからとしたほうが良いです。

無理に買うなら中古車の選択肢

月々の支払いがきついけど車が欲しいからカーリースを使うというのであれば、銀行のマイカーローンでお金を借りて中古車を購入するといった手があります。銀行のマイカーローンは中古車を購入する際でも金利は新車時と同等であるため、借りる金額が少なくなる中古車購入の際には特に優れたものとなります。

借りる金額が少なければ月々の支払金額も抑えられ、銀行によっては返済期間が最長で10年まで持たれているところがあるため、少しずつの返済でもマイカーローンの利用は可能です。

無理して車を買う、カーリースの契約をするといったことをしてしまうとその後のカーライフが存分に楽しめなくなってしまうので、自身の身の丈に合わせた車の購入、契約としておくと良いでしょう。

他の人気マイカーローンを確認

第0位

ネットDEマイカーローン

今なら低金利!年1.50%~2.45%で借りられる金利引き下げキャンペーン実施中!

変動金利借入金額借入期間担保・保証人
年1.50%~2.45%最高1,000万円最長10年不要
多くの地方銀行のマイカーローンとは異なり、対象となる地域が限定されない日本全国で頼れるメガバンクのマイカーローンです。三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込みが可能で、近くに店舗が無くても問題ありません。車の購入時の新規の利用だけでなく、借り換えとしてもネットDEマイカーローンは利用ができるため、高い金利でローンを組んでしまって返済が大きな負担となっている方も注目です。
ネットDEマイカーローン
公式サイトで詳細を見る
車を買い換える予定の方は
第1位

車査定比較.com

最も高い査定額の買取店を簡単に見付けられる、無料で利用ができる一括査定サービスです。

見積もり数利用地域利用料金キャンセル
最大10社日本全国無料無料
車の買い換えを行うのであれば、しっかりと査定額の比較をして無駄なく損なく車を売るようにしましょう。ディーラーの下取りはそこまで高い金額は付かない傾向にあり、最も高い査定額を提示する買取店と比べると数十万円も差額が生じる場合があります。数十万円の差となるとマイカーローンの利用金額や返済期間によっては数%の金利分の差となるため、査定額の比較はしっかりと行っておくべきなのです。
車査定比較.com
公式サイトで詳細を見る

査定=車の売却ではないので、査定後であってもディーラーに下取りに出すなどをしても構いません。下取り価格の交渉に一括査定で査定額の相場を確かめるのも有効となるため、無料サービスの一括査定を有効に活用しましょう。
一括査定は無料で利用できる楽天オート

トップへ戻る